外国人活用

外国人の起業家の支援を始めました

現在はコロナで止まっていますが、アフターコロナでの雇用の手段としては、もう外国人活用は避けて通れない時代になっていきます。実際にこのコロナ禍の中、サービス業の求人がほぼ止まっている状況でも、日本人の採用は思ったような効果は得られておらず、かなりの業種、企業様が苦戦を強いられています。コロナ前でも空前の人手不足でしたが、コロナ後はその動きがさらに加速します。つまり、コロナ後には在留外国人の増加が、これまでにないペースで急激に伸びていきます。

それでは、外国人はとにかく労働力だけ提供してくれ、でより良い社会が実現するかというとそうではなく、それだけに偏ってしまうと、日本人と外国人との間に格差が広がり、それが犯罪や分断社会の温床に繋がる危険性を持ち合わせています。

私は在留外国人の増加を明るいテーマに結びつけていくことが大事だと考えています。その究極が外国人起業家の創出であろうと考えました。日本で創業される外国人経営者を多く輩出できることになれば、日本人からすると日本のマーケットが世界から注目をされている、という観点で捉えてもらえますし、在住の外国人からしても、ジャパンドリームを身近に感じられる存在として、夢を与えることができます。

まずはモンゴル人で、現在は個人経営でレストランを運営している方の、法人にしていくための支援と人材ビジネスを開始するための支援から始めていくことになりました。外国人の場合、最もハードルが高いのは手続きの問題です。それをサポートすることで、同じ土俵で競争ができる会社づくりを一緒に目指していきます。

愛知県には外国人の方が本国にいながら創業に向けて準備ができる外国人創業特区制度もあります。そういう制度を活かしながら、労働力だけではない、外国人資本を取り込んでいくための活動もしていきます。ご興味のある方がいれば、ぜひご相談下さい。

 

 

-外国人活用

© 2021 名古屋のリクルート求人広告誌代理店・人材紹介会社|(株)ジェイタウン