外国人活用

特定技能マッチングイベントに参加しました

出入国在留管理庁が主催をする特定技能マッチングイベントに参加をしました。

特定技能制度の施行からほぼ2年経っての人数の低調ぶりもあるのでしょうが、一番の目的としては、4月に爆発的に増える可能性がある、帰国困難者対応ということでしょう。このままいけば、留学生で就職ができず、帰国もできない外国人が特定活動に移行することが予想されます。特定活動という在留資格は、その外国人がどの組織、団体にも所属していないことになるため、管理責任を問うことができないことが入管にとっては痛い。そのために、所属先、受け入れ先を3月までに決めたいという思いがあるのだと思います。

実際に参加をしてわかったことは、この時期になっても、まだ特定技能になる資格要件を満たしていない外国人が多数いることです。外食で勤務をしたい、と言いながら外食の特定技能試験はまだ合格していない。日本語検定も、かなりレベルの低い4級さえ持っていれば申請ができるのに、何も持っておらず、今月に受ける予定だと。もし不合格であれば、その時点で3月の切り替えは無理になります。

留学生は日本語検定4級や3級を受けることなく、いきなり2級を受ける子が多くいます。それは、技術人文知識国際業務(就労ビザ)での資格要件としてN2以上の日本語資格と持つ者とされているからです。だから、卒業年度になると、N2を目指して受験をする子が多くなります。今回の面接でも、今月の日本語検定はN2を受けるという子が数名いました。特定技能者になりたければ、無難にN3程度を受けていたら良かったのに、と本人たちにも言いましたが、今となっては後の祭りです。

面接をしていて感じたことは、今回参加をしている外国人で就職先が決まるのは、ほんのわずかだろうな、ということ。そもそも資格要件を満たさない。満たしていても自身が持つ資格要件と合う業種で就職先を見つけなければならないため、どこでもいいから就職したい、で決まる話ではありません。受け入れる企業側も特定技能に関して熟知している企業ばかりではなく、外国人を正社員として雇えるんだろ、くらいの感覚で進めている企業もあります。そうなると、話を進めていくと、イメージしていた内容と違う、ということで取りやめになるケースもあります。

技能実習制度。技術人文知識国際業務。留学生。そして、そこへ一番ややこしい特定技能という制度まで入ってきました。外国人雇用をする上では、もうコンサルティングができる企業と組みながら個別で対応をしなければ、人事部だけで対応するのは無理な状況まできているかと思います。

 

-外国人活用

© 2021 名古屋のリクルート求人広告誌代理店・人材紹介会社|(株)ジェイタウン