外国人活用

学生への給付。留学生は制限付き

新型コロナウイルス感染拡大によって、困窮する学生への対策として、1人あたり10万円の給付をする支援策が発表されましたが、その給付について、留学生は成績上位3割程度、1ヶ月の出席率が8割以上。入学金や授業料を含まない仕送りが平均月額9万円以下。日本にいる扶養者の年収が500万円未満、という基準を設けて、学校へ伝えたようです。

ここで議論となるのは、成績上位3割程度、という足切りであると思います。政府としては、将来日本に貢献するような有為な人材に限る要件を定めた、ということですが、今回の給付に関しては、困窮する学生を救うため、という目的であり、将来有望な学生のために援助金を出す、という目的ではなかったはずです。

特別定額給付金を日本に在住している外国人にも支給することを当初から掲げ、今回の学生への給付についても、日本語学校を含むとしたことは、非常に評価されるものであると考えます。支給要件に関しても、留学生独自の基準を設けることは当然かと思います。

ただ、その基準に成績上位者がどうして加わるのか、という疑問はぬぐえません。

現在、日本の学生と同じ適用をと、署名活動も始まっています。留学生が帰国、または失踪を選ぶことのない制度設計を求めていきたいと思います。

-外国人活用

© 2020 名古屋のリクルート求人広告誌代理店・人材紹介会社|(株)ジェイタウン