外国人留学生活用

趣旨目的

少子高齢化の波を受けて、現状の採用市場は非常に厳しい環境にあります(資料①)。
特に学生を主力としていたサービス業における雇用の困難さは、若年層の人口が減っているからという問題だけでなく、様々な複合的な要因が採用を妨げている現状があります。

  • 学生が働かなくなっている。お金を稼がなくても何とかなる社会環境。
  • 日雇い派遣の定着化。働きたい時に働ける気安さ。
  • ブラックバイトというイメージの一人歩き。

上記のような社会的変化から、長期間、シフトで縛られるサービス業でのアルバイトを学生が避ける傾向が年々強まっており、その傾向はこれからさらに加速をしていきます。
それなら、その学生に変わりえる対象を見つける必要があり、昨今は高年齢者、主婦の活用が叫ばれていますが、時間的な問題、職種的な問題があり、うまく移行できていないのが現状です。
それを補う存在として今注目されているのが、外国人の留学生です。外国人留学生は政府の方針もあり、年々増加しています(資料②)。
彼らはお金を稼がなければならない環境に置かれており、アルバイトに関して非常に貪欲です。

そんな彼ら、彼女らを、いかに戦力として活用していくか。それを一緒に考えさせて頂ければと考えております。

 

%e8%b3%87%e6%96%99%ef%bc%91

 

 

 

外国人留学生を戦力として育てていくスキーム

000